1. トップ
  2. 若手行員(入社2~5年程度)

「過去(入社後、今までの成長)」→「現在(現時点の自分のふりかえり)」
→「未来(これからの成長)」の枠組みで自分を考えるとともに、
プロフェッショナルな仕事を目指して求められるマインドやスキルを身につけます。

研修内容と特徴

入社2年目以降は、自己を顧みて、これからの仕事や人生をマネジメントする力を身につけるとともに、
プロフェッショナルな仕事を進めていくための意識やスキルを学ぶ必要があります。
そのための土台づくりとして、本研修では「メンタルタフネス」「視野の拡大」「コミュニケーション力」といった
若手行員に求められるスキルを学びます。

求められるスキル

  • メンタルタフネスメンタルタフネス
  • 視野の拡大視野の拡大
  • コミュニケーション力コミュニケーション力
  • 主体性主体性
  • プロフェッショナルな仕事プロフェッショナルな仕事

到達目標

  • これまでを振り返り、客観的に自分の実力を把握する
  • 上司や同労と良好な関係を築き、チームの一員として前向きに働く
  • チームの問題解決に主体的に取り組み、チームの成果を向上させる
  • ストレス耐性を高め、モチベーションを保つ

Step 1若手行員 基礎研修

  1. 01.オープニング ~学びの環境設定~

    • 講座の全体像(ストーリー)
    • 学びにあたっての3つのお願い
      • ①自分の当たり前にはまらないようにしよう!
      • ②資料をダウンロードして記録しよう!
      • ③学びは職場で共有しよう!
    • 頭の中を整理する2つのアプローチ

      ワーク効率的なメモの取り方

    オープニング ~学びの環境設定~

  2. 02.入社後の経験と成長

    ワーク入社してから今まで

    • ①学んだこと、身につけた知識、経験したこと
    • ②失敗したこと

    ワーク経験からの学び

    • ①これらの経験を通して成長したと感じたこと
    • ②失敗から学んだこと
    • まとめ

    入社後の経験と成長

  3. 03.現在の自分

    ワーク自分に期待されていること

    • 仕事面、コミュニケーション面の
      チェックリストをチェック

    ワークプロフェッショナルな仕事

    • ①プロフェッショナルとは?
    • ②今の自分はプロフェッショナル?
    • 業務に慣れてきたころに陥りやすいこと

    現在の自分

  4. 04.若手行員に求められる力
    ~①メンタルタフネス

    ワーク3つのミニケース

    • ミニケースからの学び(区別化)
    • 今後も元気に成長するために

    若手行員に求められる力~①メンタルタフネス

  5. 05.若手行員に求められる力
    ~②視野の拡大

    ワーク自分のお客様は?

    ワーク期待マップ

    • 世の中の動向を自分ごとにするための5つのステップ

    若手行員に求められる力~②視野の拡大

  6. 06.若手行員に求められる力
    ~③コミュニケーション

    ワーク周囲から「協力したい」「助けたい」と
    思われる人は?

    ワーク話し方と聞き方チェック

    ワーク効果的なホウレンソウ

    若手行員に求められる力~③コミュニケーション

  7. 07.これからの成長

    ワーク1年後の自分

    • 仕事面、コミュニケーション面など

    ワークそのための具体的な行動

    ワーク総まとめ

    • ①この講座で重要だと思ったこと
    • ②職場の人に共有したい自分の思い

    これからの成長